ゆっくり手作りして住み心地のいい家を建てよう

私たち夫婦は海外での生活が長かったため、家づくりに関しては、素人ながらもできることは自分たちでやりたいという気持ちが強くありました。海外では、最初に小さな部屋を作ったあとは、そこに住みながら、お金があるときに少しずつ増築していき、快適な家を手作りしていくことがとても多いのです。それでも日本の住宅事情は違うので、そういうわけにはいきません。それで、私たちがゆっくり手作りしていこうと決めたのは、内装の部分です。まずは大工さんや住宅メーカーさんに大枠の部分や配線をお願いして、その他の部分は自分たちで少しずつ作り上げていきました。これにはセンスが必要と思われるかもしれませんが、結局は自分たちの住む自分たちの家です、自分たちが「いい」と思うならば誰もが世界一のデザイナーです!ゆっくりとしか進められませんが、私たち夫婦にとってはとても楽しい時間でした。また、身内や友人も手伝ってくれたり、進捗状況を見に来てくれたので、普段よりもお客が多く、本当に楽しかったです。「みんなで作った家」だな、と思えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 1 =